原爆詩を朗読する阿部さん=6日午後、芳賀町民会館

 連合栃木は6日、芳賀町祖母井の芳賀町民会館で「2017平和の集いinとちぎ」を開き、約250人が参加した。7月の国連での核兵器禁止条約採択を歓迎し、北朝鮮の弾道ミサイル発射や核実験への抗議を盛り込んだ「平和を求めるアピール」を採択した。

 連合栃木の吉成剛(よしなりつよし)事務局長は「本日が平和を考える機会となり、恒久平和の実現に向けた取り組みに拍車が掛かることを祈念している」などとあいさつ。沖縄と広島、長崎で実施した連合平和行動の参加者3人が活動報告し、地域や職場で平和の尊さを伝えていく決意を語った。

 続いて宇都宮市在住の朗読家阿部早苗(あべさなえ)さんが、ピアノ伴奏にのせて原爆詩を朗読。真岡ウインドオーケストラが「平和コンサート」と題して演奏を披露した。