手塚英和副市長(右)に申し入れ書を手渡す「宇都宮市のLRT問題連絡会」のメンバー

 【宇都宮】市が現在進めている次世代型路面電車(LRT)事業の白紙撤回を求める市民団体「宇都宮市のLRT問題連絡会」は25日、市などが国に提出したLRTの軌道工事に必要な工事施行認可申請を取り下げるよう、市に対して申し入れ書を提出した。取り下げるかどうか、9月5日までに文書で回答するよう求めている。

 申し入れ書によると、市などが今月9日に国に提出した認可申請について、市議会で十分に審議されていないほか、LRT整備計画に関して市民合意や利便性などに問題点があることから、申請を取り下げるよう求めるとしている。