TOP > スポーツ > 夢ふるとちぎ路駅伝2016 | 第57回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

ふるさとの誇りを懸け、

第57回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会 夢ふる とちぎ路駅伝

とちぎ路を駆ける。

第57回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会 夢ふる とちぎ路駅伝

2016.01.31
AM10:00 START

第57回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会 夢ふる とちぎ路駅伝

第57回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会
夢ふる とちぎ路駅伝

第57回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会 夢ふる とちぎ路駅伝

2016年1月31日(日)午前10:00スタート
大会へのご協力、ご声援に感謝

 第57回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会が無事終了しました。栃木県警をはじめ関係各機関、団体、県民ならびにコース沿道の皆さまのご協力、ご声援に深く感謝いたします。

下野新聞社、栃木陸上競技協会

特別協賛
JAグループ栃木 栃木信用金庫 グランディハウス
記録速報
WEB写真館

WEB写真館2016

大会概要
■コース

栃木県庁~栃木市総合運動公園陸上競技場

総距離:10区間 60.02km


第1区 中学生女子 2.70km 栃木県庁~栃木県立中央公園・博物館
第2区 男子(高校・一般) 5.76km 栃木県立中央公園・博物館~栃木県子ども総合科学館
第3区 男子(高校・一般) 8.13km 栃木県子ども総合科学館~壬生町総合運動場
第4区 中学生男子 3.00km 壬生町総合運動場~壬生西高野歩道橋
第5区 男子(高校・一般) 10.42km 壬生西高野歩道橋~栃木市総合運動公園

第6区 男子(高校・一般) 10.42km 栃木市総合運動公園~壬生西高野歩道橋
第7区 女子(中学生以上) 3.00km 壬生西高野歩道橋~壬生町総合運動場
第8区 男子(高校・一般) 8.13km 壬生町総合運動場~栃木県子ども総合科学館
第9区 男子(高校・一般) 5.76km 栃木県子ども総合科学館~栃木県立中央公園・博物館
第10区 中学生男子 2.70km 栃木県立中央公園・博物館~栃木県庁
■スケジュール
開会式 9:15 栃木県庁・本館ロビー

往路スタート 10:00 栃木県庁
第1区→第2区 10:09 頃 栃木県立中央公園・博物館
第2区→第3区 10:26 頃 栃木県子ども総合科学館
第3区→第4区 10:50 頃 壬生町総合運動場
第4区→第5区 10:59 頃 壬生西高野歩道橋
往路ゴール 11:30 頃 栃木市総合運動公園

復路スタート 12:30 栃木市総合運動公園
第6区→第7区 13:00 頃 壬生西高野歩道橋
第7区→第8区 13:10 頃 壬生町総合運動場
第8区→第9区 13:34 頃 栃木県子ども総合科学館
第9区→第10区 13:51 頃 栃木県立中央公園・博物館
復路ゴール 14:00 頃 栃木県庁
閉会式 15:00 栃木県庁・本館ロビー
関連イベント

第8回栃木県小学生駅伝競走大会

日時:2016年1月31日(日)
コース:栃木市総合運動公園特設コース
総距離:6区間9.073キロメートル

47チームが出場し、午前10時にスタート

グルメ駅伝フェスティバル

日時:2016年1月31日(日)
時間:午前10時~午後2時
場所:栃木市総合運動公園

 毎年好評の駅伝大会の「協賛各社PR」や栃木市ほか各市町の人気店10店舗が出店。今年も県内各地で活躍するマスコットキャラクターが応援に駆けつけます。

JAグループ栃木おもてなしブース

栃木県庁に「JAグループ栃木おもてなしブース」を開設します。ぜひお越しください。

[13:30~] 甘酒、とちぎ米の無料配布やとちぎ和牛の試食
[14:30~] 豚汁やとちむすびのふるまい

※なくなり次第終了となります。内容・時間は変更になることがあります。

ニュース・写真・動画
郡市町駅伝の記事

DoSOON [動画]
大会の歴史

 第1回大会は1960年2月。宇都宮市二荒山神社から日光二荒山神社中宮祠までの10区間に宇都宮、足利、栃木、佐野、鹿沼、日光、今市(当時)の7市、上都賀、那須、安蘇の3郡の10チームによって競われました。

 つづら折りのいろは坂を駆け上る山登りも注目された大会最長の104キロに及ぶ戦いは第3回大会まで続きました。第2回大会の復路(日光二荒山神社中宮祠前)は、積雪の中で選手が一斉にスタート。第5回大会からは現在と同じ県庁スタートとなりました。

 杉並木の間を縫う日光街道をメーンに宇都宮-日光間を舞台に開催されてきましたが、第42回大会は降雪、積雪による悪天候のため大会初の中止。第33回、36回大会は積雪により、コースが短縮されました。

 交通や天候問題などによる選手の安全性を考慮し、第45回大会を最後に宇都宮-日光間から、現在の宇都宮-栃木間を往復するコースに変更。大会の愛称も「すぎなみふるさと駅伝」から「夢ふる とちぎ路駅伝」に衣替えしました。

アーカイブ