那須街道から3キロほど入った山あいにたたずむ洋風の建物。裏手にはロックガーデンなどの趣向を凝らした庭園が広がる。紅茶がメインのカフェで、2年前にオープンした。

 ガーデニングが趣味の店主平野(ひらの)みのりさん(65)。国内を代表するガーデンデザイナーの一人、玉崎弘志(たまさきひろし)さんの講座を受講したのが縁で、玉崎さんが店の庭のデザインを手掛けた。

 人気のメニューは、英国発祥のアフタヌーンティーのセット(税込み2千円)。高さ約40センチの3段の専用スタンドを使い、6種類のミニケーキ、3種類のスコーン、八つのサンドイッチが3枚の皿を彩る。

 「お客さんにいろんな種類を楽しんでほしい」(平野さん)と、紅茶は20種類のメニューを用意。セットの紅茶もこの中から選べる。一番人気はマルコポーロ。甘い香りがほのかに広がり、さっぱりとした後味が心地よい。

 「60歳を過ぎたら自分の庭をたくさんの人に見せ、お茶や食事で楽しませたい」と夢を描いていた平野さん。思いのこもった庭の景色を眺めながら、味わう食事と紅茶のひとときに心が満たされた。

 ◆メモ 那須町高久甲6225の13。午前10時~午後5時半。水曜定休。(問)0287・73・8787。