「日本の文化も言葉も分からない私に、親切にしてくれた日本人への恩返しです」

 約10年前、初めて来日したベトナム出身のヴェン・ゴック・クオンさん(29)が6月、ベトナムダイニングをオープンした。母から学んだレシピと、仙台の日本料理店で習得した調理技術を生かし、自身の“郷土料理”を振る舞っている。

 一番のお薦めは、伝統料理の生春巻き(税込み420円~)。レタスなどシャキシャキした野菜と、米粉で作られた麺「ブン」のプリッとした食感が一度に楽しめる。チリソースのパンチもたまらない。

 一方の焼き春巻き(同720円)は、ぎっしり詰まったひき肉がジューシー。スパイシーな味や香りを引き出すライスペーパーが生きている!

 多国籍料理好きな記者は、甘さが特徴的な「ハノイ」など4種類のビールにも目を奪われつつ、シメに薦められた牛肉フォー(同890円)に入る。豚のゲンコツや牛テールを8時間以上煮込んだスープを口にすると、ヴェンさんの、日本と故郷への愛が詰まった優しい味が心と体に染みた。

 店名はベトナム語で「家族」。国籍にかかわらず、みんなで集いたい。

メモ 宇都宮市二荒町3の1▽営業時間 午後5時半~午前1時半▽定休日 月曜 ▽(問)028・307・4781