経塚稲荷神社のヒガンザクラ

 大田原で1番早く咲く桜として市民に親しまれているヒガンザクラ。高さ約14メートル、直径約2・8メートルで樹齢約200年の堂々とした古木=写真。同神社総代13人を中心に地元住民らに守られている。総代の一人増渕三好(ますぶちみよし)さん(68)「4月の例大祭の頃は満開。ライトアップもします」と話す。(29日)