下野新聞SOON Simotsuke Original Online News

TOP > 企画・特集 > 放射能に関する意識調査について

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

放射能に関する意識調査について

放射能に依然高い関心 健康不安、行政不信も

(2013年3月5日)

 東京電力福島第1原発事故発生から2年を前に、下野新聞社が5日までにインターネットを通じて実施した放射能に関する意識調査で、「いつどんな影響が出るのか心配」「国などは情報を隠さないでほしい」などと健康不安や行政への不信の声が相次いだ。2月の調査期間中の回答は1千件を突破。調査方法は無作為抽出ではなく、県民全体の意識をそのまま反映したものではないが、放射能汚染への関心は依然として高いことが浮き彫りになった。(震災取材班)

 調査は2月1~22日までパソコンや携帯電話、スマートフォン上の本社のサイト「下野新聞SOON」を通じて実施。回答数は1071件に上った。

 回答者は女性が601件で56%を占めた。居住地別では県内が684件で、宇都宮市が217件と最多。那須塩原市が81件で続いた。小山市や栃木市など県南部からの回答も多かった。

 健康不安には「強く感じている」が55%。「感じている」と合わせると81%に達した。「あまり感じていない」は13%、「まったく感じていない」は5%にとどまった。2年間の不安の変化は「増した」が52%、「変わらない」が37%だった。

 自由記述には「子どもたちの5年後、10年後の健康が不安」(宇都宮市、30代自営業女性)など将来的な影響への心配が多く、継続的な健康調査を求める声も相次いだ。

 「安全・安心を過度に強調しないで」(矢板市、60代公務員男性)との指摘がある一方、「線量は問題ないレベル。騒ぎすぎ」(那須塩原市、20代パート男性)などの意見も出た。

【質問4】放射能問題に関して感じていることや、行政に求めたい対策などがあればご記入ください(自由記述)

不安感 回答者 回答内容
強い 那須塩原市
40代パート女性
長期的な健康調査を望む。子どもたちが安心してこの土地で暮らしていけるようにしてほしい
強い 那須塩原市
40代会社員男性
県北と県央・県南の住民の意識に大きな隔たりができてしまった。放射能問題は栃木県全体の問題。マスコミも事実を正確に報道し、問題提起してほしい
強い 日光市
50代女性
健康被害は歴史的、医学的に正確なところは分からないというのが唯一の答え。風評被害という言葉でごまかさず、汚染の実態を正確に住民に伝えてほしい
強い 宇都宮市
50代主婦
放射能と共に生きる社会になったのだから、風評被害という言葉でごまかさず対策を示してほしい。数値を基準値内とするのではなく何ベクレルかまで表示して
強い 真岡市
20代女子学生
地域の身近な施設などに食べ物の測定装置を配置してほしい。放射能への態度は1人1人が選ぶとしても、危険であることを前提に対策をして
ある 那須塩原市
60代無職男性
住民の問題意識が風化しつつあるように感じている。行政もマスコミも関心の低下を助長しているのではないか
ある 大田原市
40代会社員男性
政府や県の対応は「安全」を前提としており、非常に不満。費用対効果を考慮しつつも、測定を継続してほしい。一方で県北部は一定の汚染地域だが、「住めない」場所であるはずがなく、相応の注意を払いながら暮らしていくべきだ
ある 那珂川町
40代主婦
正しく怖がるための情報が少ないので困っている。単に言葉としての安心安全をうたうのではなく、事実を正しく、素早く伝えてほしい。安心かどうかは県民1人1人が自分の基準で決めればいいこと
ある 日光市
40代会社員男性
ひとたび事故が起きたら取り返しのつかないことになる。原発はもう止めてほしい
ある 宇都宮市
50代主婦
価値観がひっくり返ってしまった。地産地消、有機農業、子どもが外で遊ぶこと、山菜・キノコ採りなど、私が大事にしていたことが危険なものになってしまった
ある 宇都宮市
40代パート女性
宇都宮にいても、お母さん同士で放射能の話ができない。そんなこと気にしているの、と言われそうで。本当は子どもの将来の健康が心配でならない
ある 栃木市
30代公務員女性
学校現場の対応が不十分だが、要望を繰り返すと神経質だと思われるのではないかとためらってしまう。だが、放射能の影響は誰にも断言できないことなので、何年後かに後悔したくないという気持ちもあり、対応に迷っている
ある 県外
40代無職女性
私は父親が広島で被ばくした2世。もともと放射能に対して恐怖を感じている。日本はどこに言っても地震国なので、原発に適さない国
あまりない 宇都宮市
40代会社員男性
この調査は不安を感じる人が入力する傾向が強いと思う。行政には不安を感じている人の相談にきちんと応じてほしいが、一部の声の大きな人に踊らされて合理的といえない健康調査などに税金を使うのはやめてほしい
あまりない 益子町
30代自営業男性
少し放射能に関して敏感になりすぎているように感じる
【回答者の属性】
※一部グラフに誤りがあったため訂正しました。

Pick UP


ランキング

放射能に関する意識調査について