和恵さんの娘がビニール傘に描いた絵。放課後はひとりで母親が仕事から帰るのを待つ

 スティグマ-。

 このギリシャ語は、貧困問題の研究者、支援者の間で使われている。社会からのレッテル張り、偏見を指す。

 スティグマが生活困窮者の支援に影を落とす。

 県南の公営住宅のテレビも、エアコンも、電話もない部屋。

 小学2年の女の子は放課後、仕事から帰る母親をひとりで待っている。

 40代の母親上村和恵うえむらかずえさん(仮名)には、娘を学童保育に預けるお金のゆとりはない。

 もともとは専業主婦。夫の暴力、ドメスティックバイオレンス(DV)に苦しめられ、離婚した。正社員の元夫を通して社会保障の「安全網」の中にいたが、網の外へ。養育費なども限られ、ギリギリの生活を強いられる。

 数年前、和恵さんは支援者から生活保護受給を勧められ、地元の相談窓口を訪ねた。

 担当者から「あなたは働けるでしょう」と突き放され、「受給するにしても、親や親戚に扶養できるかを照会しなければならない」と言われた。 あきらめた。

 困窮する暮らしぶりを親戚にまで知られたくない。「まして、迷惑はかけられない」

 職場にも、母子家庭であることは隠している。離婚の理由を探られるのは耐えられない。

 「そんな男と結婚したから…」。責められそうで怖かった。

◇ ◇ ◇

 「母子家庭や生活保護に対する社会の無理解やスティグマが強く、制度はあっても利用できない実態がある」

 県内で長年、DV被害者を支援するNPO法人サバイバルネットライフの仲村久代なかむらひさよ代表は身に染みている。

 「ごく一部の不正受給が騒がれ、困窮者の困難がかき消されてしまう」と中央大の宮本太郎みやもとたろう教授。担当窓口で受け付けを拒み受給者を絞り込む「水際作戦」の根深さも指摘する。

 厚生労働省は、低収入で生保を利用できる可能性がある世帯のうち約7割が受給していない、との推計を示している。

◇ ◇ ◇

 蓄えも車もない和恵さん。自転車で通える近所のパートの仕事で働いている。

 時給制の給料は月7万円から10万円しかない。学校行事、長女の通院などのたびに休まなければならず、その分、給料は減る。雇用保険や社会保険に入っていない。失業すれば、児童扶養手当などのわずかな収入しかなくなる。

 家計と子育て。二つを担う支柱は、スティグマが絡み、あまりにも、もろい。