子どもへの支援をコーディネートする足立区職員の富山さん(左)と、情報交換する「協力家庭」の女性=5月上旬、同区梅島3丁目のこども支援センターげんき

 カレーライスが二つ、食卓に並ぶ。

 日が暮れるころ。東京・足立区の山本恭子やまもとやすこさん(63)=仮名=が、区内の小学校に通う低学年の児童のため、腕を振るった。

 保護者の事情で夜、一人の時間を過ごす児童。

 山本さんが家を訪れ、世話を焼く。学校の話に相づちを打ちながら一緒に食べた。

 帰る時、児童は「また待ってるね」と言ってくれるようになった。

 この家には、2013年春から区の「協力家庭」として通っている。

 地域の中でわが子3人を育てた山本さん。児童のことは、区から「ぬくもりのある家庭の味を作ってもらえませんか」と頼まれていた。

◇ ◇ ◇

 協力家庭による「あだち・ほっとほーむ事業」は02年度に始まった。有償ボランティアである協力家庭は元保育士ら約90人。

 区は保育園への送迎、学童保育後の一時預かりなどのファミリーサポート事業も行っている。「食事の提供が必要だったり、ファミサポでは支援が足りない家庭もある」と区こども支援担当課の富山耕生とみやまこうせいさん(36)。

 養育が難しかったり、経済的に困窮する家庭が対象になることが多く「子どもそれぞれに合った支援を見極め、協力家庭に橋渡しする」。

 主任児童委員などとして長年、地域の子どもとかかわってきた山本さん。困窮する子どもの存在は分かっても、「ご飯、作ろうか」と言い出すのは難しかった。

 ずっと感じていたもどかしさ。ほっとほーむ事業が、行き場のない思いを子どもにつないでくれる。

◇ ◇ ◇

 宇都宮市内。

 門馬芳子もんまよしこさん(63)はひとり親の困窮家庭で暮らすきょうだいを支援している。アパートを訪ねて食べ物を届け、ともに調理し、たまには一緒に食卓も囲む。

 自分を「ただの世話好きのおばさん」と言う。ボランティア団体の活動に触れ、支援に携わるようになった。

 1年半以上、きょうだいにかかわる中で感じている。「困っているのはきっと、この子たちだけではない」

 最近、仲間と一緒に衣食住の面倒を見る「居場所」を作りたいと思うようになってきている。

 場所の当てはある。人手も何とかなる。ただ困っている子どもがどこにいるのかが分からない。

 「同じように思う人って、結構いるんじゃないかな」

 子どもを包み込む地域の力。その萌芽ほうがは県内にもある。


 (第4章終わり)