ぼろぼろの靴をいつも履いている。ノートや体育館シューズは、学校から言われても用意できない。

 2013年末。

 小学校を訪れた高根沢町教委のスクールソーシャルワーカー、渡辺有香わたなべゆかさん(29)は先生から男子児童の話を聞かされた。

 町が配置を始めて7年目。不登校や親の就労…。さまざまな課題と向き合う。状況が改善するケースが増えるにつれ、先生からの情報も多くなってきた。

高根沢町教委のスクールソーシャルワーカーの渡辺有香さん(右)。この日はこどもみらい課のスクールカウンセラーと一緒に学校へ向かう=4月下旬、同町石末

 児童は家で食事をできているようだ。親には仕事があり、家庭からもこれといった相談はない。でも、先生は、その子の様子が気になっていた。

 「もしかしたらネグレクト(育児放棄)かも」。渡辺さんは、町の要保護児童対策地域協議会で状況を伝えた。要対協は児童相談所や警察関係者、保健師などが虐待や育児の難しい家庭への対応を検討する場だ。背景に経済的困窮があるケースも少なくない。

 児童には、激しい虐待があるわけではない。非行もなく、緊急性は高くない。

 学校を通じて子どもと家庭を見守ることになった。

◇ ◇ ◇

 ところが、ことし春、学校から新たな情報が、渡辺さんにもたらされた。

 最近、児童の顔が黒くて汚れている。夜、子どもだけの時間もあるらしい。

 担任と親がやりとりし、ノートやシューズはそろったが、家庭には何か事情があるに違いない。

 「家の中のことを知りたい」。そうすれば児童の生活が分かるはず。せめて、親とじっくり話したい。

 そんな思いを募らせる渡辺さん。なのに、次のステップを踏めずにいた。

 家庭からのSOSはないままだ。

 突然、家を訪ねたら、学校への不信を招きかねない。わだかまりが生まれ、家庭が孤立することだけは避けなければ…。

 町こどもみらい課の加藤敦史かとうあつし課長は言う。「あきらめてはいけない」

 かかわっていけば、いつか支援につながり改善する可能性がある。

 渡辺さんも、その糸口を探し続ける。

◇ ◇ ◇

 町だけではできないこともある、と渡辺さんは考えていた。

 養育困難な家庭の子どもには、食事を用意したりお風呂に入れたり、衣食住の直接支援が必要にもなる。

 「何とかしたい」。でも直接支援は、できる範囲が限られている。

 家庭が変わり子どもが変わるには時間がいるが、子どもの成長は待ってくれない。気付いた大人が少しでもかかわってくれれば違う。

 「地域の人や民間団体などと一緒になって支援の形ができれば」と加藤課長。

 町の模索は続いていく。