ネギを刻む由衣さん。母に代わって料理をするようになり、その楽しさを感じている=1月下旬

 2013年末。県北に住む定時制高校3年、由衣ゆいさん(18)は昼と深夜のアルバイトを掛け持ちし、心身ともに追い詰められた。

 学校にもバイトにも行けず、自宅に引きこもって数日。

 「このままだと、卒業できなくなる」

 家計を支え、進学費用をためたくて、がむしゃらに働き続けた。そして、学校に行く気力、体力まで奪われた。勉強が本業なのに。

 深夜のバイトはやめた。

◇ ◇ ◇

 定時制は4年課程。卒業まで1年余りとなった年明けの1月。

 「大学か短大に進学して幼稚園の先生になりたい」。その夢をめぐって気持ちは大きく揺れている。

 なかなかたまらないお金。

 ひとり親の母は体調が優れず家にいる。高校に入った15歳から、少しでも条件のいいバイトを探しては働いてきた。だが高校生の時給は700円台ばかり。

 昼間のバイトは人件費削減のためか、思うようにシフトに入れてもらえない。

 働けば働くほど勉強する時間が削られるジレンマもある。

 「正直、進学は厳しいと思う」。夢をあきらめそうになる自分がいる。

 これからかかるのは学費だけではない。

 いまは親類の車を借りているが、いずれは自分で買わなければならない。

 2年後の成人式。振り袖のレンタル代を出してくれる人はいないだろう。

 進学したとしても、幼稚園の先生として働き口に恵まれるとは限らない。不確実な将来にお金をつぎ込むより、目の前で必要に迫られる物にかけたい。そんな思いさえよぎる。

 「自分で何とかしなければ」。学校に通い、自ら稼いだお金で車の運転免許を取ってまで働いた毎日。

 「もう疲れちゃった」

◇ ◇ ◇

 葛藤しながら、将来を現実的にたぐり寄せようと、もがいている。

 新たな道も考え始めた。

 母に代わって料理をして、その楽しさを知った。自宅から通える専門学校に入り栄養士になれないか。

 進学できるなら、「昼間の学校がいい」と思う。いまの定時制高校にはない学校祭を、今度こそ経験したい。そういう「思い出」をつくれる学生生活を描く。

 何としても、入学時の費用はためたい。どんな奨学金を借り学費を賄おうか。

 進学が無理なら、就職して、通信講座で資格を取ろうか…。

 「ずっと、どうしようか考えてる」。春、定時制の最終学年を迎える。

(文中仮名)