授業が終わるのは夜9時すぎ。朝からアルバイトをしている由衣さんに休む暇はない=1月下旬

 母親に手を引かれて、よちよち歩く幼い子。その姿を目で追いかける。

 「かわいい」

 アルバイトに行く途中で立ち寄ったスーパーの駐車場。県北に住む定時制高校3年、由衣ゆいさん(18)は頬を緩めた。

 「幼稚園の先生になりたい」

 遠ざかりそうになるその夢を、必死につなぎとめている。

 2013年12月。

 母と弟が寝静まった自宅に帰る。翌朝の食事の支度をして、布団にもぐり込むと、午前4時近くになる。

 起床はわずか3時間後。午前中から夕方まで飲食店でバイトし、そのまま学校へ。

 夜9時すぎに授業が終わり、午前2時まで、またバイト。日中とは違う24時間営業の飲食店で働き、土日も働く。

 母親は体調を崩して職がない。生活保護は受けておらず、ひとり親世帯向けの手当てや由衣さんの奨学金を頼りにしている。

 高校入学後、15歳からバイトをするようになった由衣さん。月3万~5万円を家族の生活費に充て、残りはためる。自分の将来のために。

 幼稚園の先生になるには、大学か短大に進学する必要がある。入学金、授業料…。たくさんのお金がかかるだろう。

 母には頼れない。自分で用意しなければならない。

 水仕事が多い飲食店の仕事。白く細い指は、乾燥してひび割れ、無数の赤いあかぎれの跡が残る。バイトするほど、手は荒れ、ハンドクリームを手放せない。

 この1年くらい治らないのだという。「病院に行ければいいんだけど、時間がなくて…」

◇ ◇ ◇

 13年、18歳になってすぐの時期に自動車教習所に通い、免許を取った。

 電車やバスより移動時間を短縮できる。車を運転できれば、もっと長く働けて、もっと稼げるはず。

 親類から中古車を借りられ、バイトへの足は確かに便利になった。

 その代わり。

 家計を支えながら、自分のために少しずつためた蓄えは、教習所費用25万円を支払って消えてしまった。

 残高はごくわずか。通帳を見て、焦りが募っていく。

 「このままじゃ将来、何もできなくなっちゃう」

 深夜のバイトを始めたのは、そう考えたからだ。

 夢をかなえるには、勉強もバイトも手を抜けない。

 そんな現実が、由衣さんを追い込んでいった。

 (文中仮名)