「フォト俳句」別れを惜しむ花の下

 兵庫県西宮市 松林和生さん

「フォト俳句」別れを惜しむ花の下

 評 今回が最終回となったこのコーナーへの惜別へのあいさつである。さすがベテランの心遣いの一作。