佐野市の小中学生が田中正造への思いをつづった「田中正造へ手紙を書こう」。未来を担う世代に「郷土の偉人」正造を見つめ直してもらおうと、市が実施した没後100年顕彰事業で、市立の小学5年生~中学3年生から計4861点の応募があった。手紙では正造の勇気や弱者に寄り添い続けた優しさをたたえるとともに、現代の社会問題を踏まえ「あなたのように行動したい」「苦しむ人を助けたい」などと正造の意思を継ごうとする決意が目立った。優秀賞に選ばれた作品19点のうち、4点を紹介する。

 ■ ■

人や自然生かす人に

天明小5年 中澤康太郎君(11歳)

 正造さん、はじめまして。そして僕たちの住む佐野を救ってくれてありがとうございます。僕は家族や友達と川遊びや釣りをするのが大好きですが、きれいな川の水やたくさんの魚が元気に泳いでいるのも正造さんのおかげだと思っています。

 逮捕されるかもしれないのに、天皇に直訴した勇気と、佐野市や人々を大切に思う気持ちはすごいと思いました。

 好きな言葉があります。「真の文明は山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」です。正造さんが目指していた、素晴らしい未来をつくるための言葉なのだと思います。今、正造さんが生きていたら、東日本大震災の復興や原発事故で避難している人々のために力を注いだと思います。

 僕も、遠足で足尾の山にコナラの木を植えました。これからの佐野市や日本をさらに良くしていくのは、僕たちの役目。正造さんのように、多くの人や自然のために役立つ人になれるよう、頑張っていきたいです。

 ■ ■

信念曲げずにすごい

田沼小5年 野口遥音さん(10歳)

 正造さんは、天国で何をしていますか。明治天皇には、直接会って話はできましたか。

 私は、正造さんが苦しむ多くの人のために一生を生きたことを知り、すごいと思いました。国会議員に6回もなれた一方で、刑務所に5回も入るなんて、人生いろいろありましたね。でも自分の考えを持ち、その気持ちを曲げないのは、とても立派だと思います。

 私は毎年冬に、サケを育てて川に返す活動に参加しています。今の渡良瀬川はとてもきれいで、多くの魚が泳いでいますよ。でも世界には、今も汚れた川のせいで人が死んでいくようなところがあります。

 足尾では、緑を取り戻す植林が続けられ、かつての谷中村は、渡良瀬遊水地となり、今では多くの人が訪れる場所となっています。

 私は大きくなったら、看護師さんになってたくさんの人を助けたいと思います。正造さんも、天国でも多くの人のために頑張って下さい。

 ■ ■

未来へできることを

田沼東中1年 星野航汰君(13歳)

 小学校の社会科の授業を通して、渡良瀬川周辺に大きな鉱毒被害が出た時、国会議員だった正造さんが、生活に困る農民のために約10年間も政府と闘い続けたこと、死を覚悟して天皇に直訴したことを知りました。その責任感と行動力に、僕は強く感動しました。

 残念ながら現在の社会にも、環境問題がたくさんあります。温暖化や酸性雨、原子力発電所事故による放射能の問題、最近は中国のPM2・5などの大気汚染も問題になっています。100年以上前に被害に苦しむ農民のため命を懸けて行動してくれたように、今の問題は今生きている僕たちが解決しなければなりません。未来のためにできることを考えて実行していきたいです。

 正造さんが最期まで守り抜こうとした谷中村は、渡良瀬遊水地となり、ラムサール条約にも登録されました。正造さんの意志を受け継いで豊かな自然を守ろうと努力が続けられています。僕も何回か行ったことがあり、サイクリングをしてとても気持ちが良かったです。正造さんが僕たちに美しい渡良瀬川を残してくれたように、未来のために頑張っていきたいと思います。

 ■ ■

思いやりの心教わる

西中1年 森田美星さん(12歳)

 私は、小学校であなたのことを知りました。こんなにすごいことをできる人がいるんだ、と驚くと同時に、尊敬の気持ちと佐野市出身ということへの誇らしさも感じました。

 (当時の)政府の人たちは富国強兵ばかりを考えていましたが、あなただけは、いつも苦しむ人々のことを考えて下さいました。思いはきっと人々に届いていたと思います。

 今、日本は大きな問題をたくさん抱えています。特に東日本大震災では、多くの人が傷つき、亡くなりました。これからも苦しむ人はいるでしょう。私は、そのような人々に、あなたのように手を差し伸べ、一緒に歩いていける、そんな強さを持ちたい。その強さは転んでしまった友達に、いえ、見知らぬ人にでも手を差し伸べてあげるのと同じことだと思います。そうした思いやりを持っていれば、素晴らしい世界をつくれると思うし、それは私たち一人一人が生きていく上での使命でもあると思います。

 あなたのことを、ずっと先の未来にまで伝えていきたい。また、私もあなたのような人になりたいです。たくさんの大切なことを教えて下さり、ありがとうございました。