□ 寄稿 渡良瀬川研究会副代表 赤上剛

 足尾鉱毒事件の被害民救済のため生涯をささげた田中正造の没後100年を踏まえ、4月から連載してきた「今、生きる正造」。連載に併せ26回にわたって、正造が日記などに残した言葉を紹介し、正造思想の一端に触れる「正造 今週の言葉」を執筆した渡良瀬川研究会副代表の赤上剛さん(72)は、在野の正造研究の第一人者だ。正造が希求した「真の文明」とはかけ離れた東京電力福島第1原発事故が発生し、それを契機に正造が再び脚光を浴びる「今」に対する思いを、赤上さんに寄稿してもらった。 田中正造は日露戦争勃発直後の1904年3月、鉱毒被害町村役場の職員たちに宛てた書状で「百年の悔を子孫に伝ふるなかれ」と訴えた。書状を意訳すればこうだ。

 「足尾銅山は戦時で銅増産に不可欠だからと国有林を乱伐している。日清戦争後の大洪水で鉱毒被害拡大の苦い経験をしたが今回はそれ以上だ。川床はますます上がり鉱毒の大洪水が押し寄せるぞ。被害町村役場員、議員、リーダーたちよ、鉱業停止請願の先頭に立て!今やらねば百年の悔いを残すぞ」

 しかし正造の警句は生きなかった。被害民運動は分断され、谷中村廃村・遊水池化の結末は周知の通りだ。それどころか戦後もチッソ水俣病など公害事件が頻発し、おととしの3月11日には未曽有の東京電力福島第1原発事故まで起きてしまった。

 ■ ■

 ことしは正造没後100年行事が佐野市他各地で行われている。その際、あいさつや講演で誰もが「『真の文明ハ山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし』と言った正造こそ“義人・偉人”だ。この思想を世界へ発信していこう」と述べた。

 その通りなのだが、「正造に学ぶ」とは果たしてこれでいいのだろうか。「真の文明ハ…」に続く文章は「古来の文明を野蛮ニ回らす。今文明ハ虚偽虚飾なり、私欲なり、露骨的強盗なり」とある。正造は当時「江戸時代までの文明を野蛮と切り捨てている今の世の中は人民の生命と生活、自然を守るどころかその逆だ。政府も財閥もまるで強盗、野蛮そのものだ」と断じた。だから「真の文明」社会を目指して行動せよと言った。

 ところで現状はどうか。原発事故で今も14万人が避難している。谷中村廃村による“棄民”約2700人の50倍だ。自然は放射能で汚染され市町村自治はずたずた。東京新聞の独自集計によると、福島県内の原発関連死者は千人近い。

 正造が唱えたのは「自然と共生し人間が人間らしく生きられる社会であれ」という“当たり前の主張”だ。この思想からいえば、原発事故はまさに最大の公害に他ならず「真の文明」に真っ向から反する。ところが安倍政権は原発再稼働どころか海外にまで原発を売り込もうとしている。

 ■ ■

 最近、小泉純一郎元首相も「原発ゼロの循環型社会へ」と言っているが「見識を疑う」「短絡的だ」など批判が集中しているようだ。その批判は「経済活動に支障」という、生命より利益・効率を優先する100年前の論理に他ならない。

 「正造に学ぶ」とは「直面する課題に取り組み行動せよ」と訴えた正造の思いに答えることだ。そして「真の文明ハ…」を発信することは、原発に反対することだと私は考える。少なくとも、これだけの問題をあいまいにしたまま「真の文明ハ…」と言葉をなぞっただけでは正造が泣く。

 現在、私たちは日本の歴史的な転換点に立っている。原発だけでなく、憲法“改正″、集団的自衛権、環太平洋連携協定(TPP)、特定秘密保護法など正造思想の根幹に関わる問題に直面している。没後100年たった今また、私たちは“百年ノ悔”の岐路に立っているのだ。