第99回全国高校野球選手権大会に7年連続(13度目)で出場した作新は大会第2日の9日、甲子園球場で盛岡大付(岩手)と1回戦で対戦、1-4で敗れ、史上7校目となる夏の甲子園連覇はならなかった。作新の初戦敗退は2014年の第96回大会以来、3年ぶり。

 作新は打線が散発2安打、9三振と相手投手に抑え込まれた。初回に3番鈴木萌斗(すずき・もえと)の左前打と2四死球で1死満塁とし、暴投で1点先制したが、後続が倒れて追加点を奪えなかった。

 先発左腕の大関秀太郎(おおぜき・しゅうたろう)はテンポ良く投げたが、二回2死一、三塁から適時打を許して同点。五回は1死から連打の後、暴投で勝ち越し点を献上すると、なおも2死一、二塁で相手4番に2点適時二塁打を浴びた。

 終盤八回無死一、三塁のピンチで右腕・篠原聖弥(しのはら・せいや)が登板し、1死満塁を無失点で切り抜けた。最終回は2死から3連続四死球で満塁とする粘りも見せたが、最後まであと一本が出なかった。