徳川家康(とくがわいえやす)の400回忌に合わせた日光東照宮400年式年大祭を記念し、江戸時代に徳川歴代将軍が東照宮を参詣した約150キロのルートをたどるイベント「日光社参ウオーク」が24日午前9時半にスタートした。

 JR東京駅丸の内中央口前の都道「行幸通り」で行われた出立式には参加者をはじめ、烏帽子・直垂を着用した沿道自治体の首長、東照宮の百物揃(ひゃくものぞろえ)千人武者行列で使用されている甲冑(かっちゅう)や宇都宮城址(じょうし)まつり社参行列の装束を身につけた関係者ら計約500人が出席。実行委員会最高顧問の福田富一(ふくだとみかず)知事は「江戸の昔に思いをはせながら、街道の魅力を再発見してほしい」と参加者にエールを送った。

 その後、福田知事の「出立!」の掛け声とともに、全行程を連続7日間で歩く「本隊コース」84人と週末ごとに一部区間を歩く「デイリー隊コース」第1区の参加者約280人が拍手を送られながら日光に向けて出発。JR有楽町駅前広場では日光社参ウオークの記念イベント「元気発信フェア」が開催され、街道自治体の職員らが名産品や観光のPRを行った。

 本隊コースがゴールの東照宮に到着するのは30日。デイリー隊には24日現在で延べ3千人以上の申し込みがあり、最終日の12月6日は日光市日光総合会館でグランドフィナーレを行う。