「今」に向き合い、未来へ

恩人の思いとともに

日没時、静寂の中禅寺湖を船が横切る。波紋で湖面に映る空が揺れた

拝啓 トーマス・ブレーク・グラバー様

 

 手紙を書くのは今回で最後です。

 

 今季のマス釣りシーズンも折り返し地点を過ぎました。暑さを避けるように各地から訪れた釣り人で、中禅寺湖は連日にぎわいをみせています。

 ただし、マス類の中で最もセシウム濃度が低いヒメマスに限っても、国が魚の持ち帰り再開を容認する目安「50ベクレルを安定的に下回る」状況には至っていません。マス釣りの聖地が本来の姿を取り戻すのは、当分先のことになるでしょう。

 

 あなたの死からちょうど100年がたった2011年初頭。マス釣りを楽しむあなたのセピア色の写真が、奥日光の至る所に張り出されました。漁協が新しいスローガン「歴史と伝統を未来へ」を打ち出し、由緒ある釣り場の開拓者として、あなたを釣り解禁の告知ポスターに初めて起用したのです。

 直後に原発事故が起きました。経験したことのない苦難が続く中、漁協や組合員らはこれまで懸命に走り続けてきました。先人が築いた伝統や釣り文化を守り抜き、次世代に継承するためです。

 グラバーさん。中禅寺湖にとって掛け替えのない恩人であるあなたは、5年前を境に、湖の再生を誓う人々の心のよりどころにもなったのです。

 国際観光地をうたう日光では、どこか放射能汚染を話題にしづらい雰囲気があります。風評被害で観光客の足が遠のけば、地域経済の死活問題になるという訳です。しかし、セシウムが今後も長く存在し続けるのは紛れもない事実。現状から目を背け続けるだけで本当によいのでしょうか。

 

 一方で放射能問題への世間の関心は薄れつつあります。福島以外の汚染が大きく報道されることはなく、世界的に貴重な生態系が広がる奥日光ですら、汚染の実相はほとんど知られていません。

 このままでは全てが忘れ去られてしまう…。だからこそ「今」をきちんと書きとどめ、写真に残したいと思いました。私たちが奥日光に伝わる神話や信仰、避暑地としての輝かしい歴史などを大切にしているように、激動に見舞われたこの5年間を未来の人々にも語り継いでほしいのです。もう二度と、同じ悲劇が繰り返されないように。

 聖地の象徴として人々の記憶に生き続けるであろうあなたに、私たちの思いを託します。一人でも多くの人にこの思いが届くことを願って。

 敬具 

(終わり)



グラバーメモ

■子孫と長崎の巡り合わせ

 グラバー家の直系の子孫で存命なのは男性4人。皆が米国で暮らしている。

 グラバーの息子倉場富三郎(くらばとみさぶろう)には子がいないが、娘ハナは英国人商人との間に2男2女を出産。4人のうち長男だけが1児を授かった。それがグラバーのひ孫に当たるロナルド・ベネットさん(84)=オハイオ州在住=だ。

 長男ランデルさん(59)と次男デビッドさん(57)の2人の息子がいる。1987年に長崎を訪問、翌年誕生した孫サイラスさん(28)のミドルネームにグラバーと名付けるほど曽祖父を「心から尊敬している」という。

 一族ゆかりの長崎とは巡り合わせがある。自宅近くの国立米空軍博物館で現在ボランティアをしており、展示された長崎原爆投下機「ボックスカー」を日々目にしている。投下作戦に参加した軍人に偶然会い、当日の経緯を尋ねたこともある。「投下を正当化する世論があった」と71年前を振り返る一方、曽祖父らが愛した街や市民の犠牲に胸を痛める。日系米国人としての複雑な感情をにじませつつ、こう言葉を続けた。「人類に核兵器は必要ない。核なき世界が実現することを願う」