下野新聞SOON Simotsuke Original Online News

TOP > 企画・特集 > 栃木県内10大ニュース > 読者が選ぶ栃木県内10大ニュース2016 > 2016年・栃木県内の主なニュース

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

2016年・栃木県内の主なニュース

2016年の10大ニュースの募集は締め切りました。ご応募ありがとうございました。
分類ごとに見る
【1月】
(1)日光市で2009年、バス運転手の男性が自宅で殺害された事件で、県警は15年2月に自殺したとみられる元同僚の男を殺人容疑で書類送検。(16日)
(2)佐野市関川町の市営住宅で火災があり、2LDKの一室約54平方メートルを全焼、5歳と2歳の兄弟が死亡した。母親が買い物で外出中に悲劇が起きた。(28日)
【2月】
(3)塩谷広域行政組合議会が、「119億円の建設費は高すぎる」などとして、次期ごみ処理施設の建設工事請負契約を結ぶ議案を否決した。(10日)
【3月】
(4)プロ野球独立リーグ「BCリーグ」に本県から新球団が参入することが分かった(15日)。球団名は「栃木ゴールデンブレーブス」に決定。
(5)エコシティ宇都宮の補助金返還訴訟で知事に対し1億9700万円の損害賠償請求を県に命じる宇都宮地裁判決(24日)。県は宇都宮市との訴訟も敗訴。県が国を訴える異例の展開へ。
【4月】
(6)2005年、旧今市市の小学1年吉田有希ちゃんが殺害された今市事件で、殺人罪などに問われた鹿沼市の無職勝又拓哉被告に宇都宮地裁が無期懲役判決(9日)。被告は控訴。
(7)矢板市長選で前県議斎藤淳一郎氏が無所属新人同士による三つどもえの選挙戦を制し初当選(12日)。斎藤氏は現在44歳で、現職の県内市町長では最年少。
(8)撮影スポットの菜の花を荒らされた真岡鉄道が、マナー違反の鉄道ファンにフェイスブックで「もう来ないで」と発信し、ネット上で大きな反響。(13日)
【5月】
(9)女性のスカート内を盗撮したとして、県警が県迷惑防止条例違反容疑で男性弁護士を逮捕。今市事件の国選弁護人の一人(25日)。県弁護士会員が刑事事件で逮捕されるのは初めて。
【6月】
(10)宇都宮市の認可外保育施設「といず」で宿泊保育中の乳児を死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪などに問われた元施設長に宇都宮地裁が求刑通り懲役10年判決(16日)。東京高裁も控訴棄却。
【7月】
(11)日光市の中禅寺湖畔に「英国大使館別荘記念公園」が開園。2008年まで同別荘として使われ、寄贈を受けた県が約3年かけて整備、公開した。(1日)
(12)宇都宮市の国道でホテル従業員女性5人が乗った乗用車が石塀などに衝突し、2人が死亡(2日)。県警は10月、速度を大幅に超過した危険運転致死傷容疑で運転していた女を逮捕。
(13)参院選栃木選挙区で自民党現職の上野通子氏が再選。元衆院議員の渡辺喜美氏も比例代表で国政復帰を果たした(11日)。「18歳選挙権」導入後初の国政選挙。本県18、19歳の投票率は42・35%で関東最低に。
(14)スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の国内向け配信が始まり、県内の公園などにも若者らが大挙押し寄せた(23日)。マナーが問題視される一方、県は観光ホームページに情報を掲載し誘客。
(15)芳賀町の駐車場で、宇都宮市の会社員の次男(2)が車内に約8時間取り残され死亡。熱中症とみられ、会社員は「保育園に預け忘れ出勤した」。(30日)
【8月】
(16)リオ五輪競泳男子400メートル個人メドレーで小山市出身の萩野公介選手が金メダル(8日)。萩野選手は銀、銅も獲得。柔道男子の海老沼匡、高藤直寿両選手は銅。県勢はメダル5個で過去最多。
(17)国民の祝日に「山の日」が加わり、多彩な記念行事が行われた(12日)。塩谷町出身の作曲家船村徹さんが本紙で提唱。来年の記念全国大会は那須町で開催。
(18)作新学院高が高校野球夏の甲子園で54年ぶり2度目の全国制覇。小針崇宏監督の下、投打がかみ合い半世紀越しに深紅の大優勝旗を手にした。(22日)
【9月】
(19)リオ・パラリンピックで那須塩原市出身の車いすテニス真田卓選手が男子ダブルスで4位入賞(17日)。ボートで宇都宮市在住の駒崎茂選手も健闘した。
(20)スポーツクライミングの世界選手権で、宇都宮市出身の楢崎智亜選手(県山岳連盟)がボルダリング部門を制し、日本選手初の世界王者に輝いた。(19日)
(21)ホリプロ「タレントスカウトキャラバン」で本県在住の小学6年柳田咲良(さくら)さんが最年少でグランプリ(20日)。芸名は「吉柳(きりゅう)咲良」。
(22)プロバスケットボールBリーグが開幕。B1初代王者を目指す栃木ブレックスは秋田と対戦。ホームアリーナは3843人の超満員となった。(25日)
(23)加害者と被害者が親族同士の殺人事件相次ぐ(25日)。9月に佐野市で会社員の妻と長男が死亡した事件までの全7事件が親族間。病気や介護などを苦に心中を図るケースが目立った。
(24)宇都宮市、芳賀町などが進める次世代型路面電車(LRT)事業の計画を国が認定。全線新設のLRT事業は全国初で、年度内着工へ前進。(27日)
(25)文科省の全国学力テストで本県小学6年生は算数が全国最下位。5年連続で全科目平均以下となり、児童の学力向上への課題が改めて浮き彫りに。(30日)
【10月】
(26)足利銀行の持ち株会社足利ホールディングスと常陽銀行(水戸市)が経営統合し、両行を傘下に置くめぶきフィナンシャルグループが発足。地銀3位の金融グループが誕生。(2日)
(27)環境省は本県指定廃棄物の放射能濃度の再測定で、総量の半分超が国の基準値を下回ったと推計した(13日)。減容化など保管者の負担軽減案も示した。
(28)留置人の現金15万円を着服したとして、県警が業務上横領容疑で宇都宮中央署の留置管理課長を書類送検、懲戒免職処分に(15日)。県警は匿名で発表。
(29)交通トラブルを巡る暴行容疑で茂木署がオートバイ元世界王者ワイン・ガードナー容疑者を逮捕(17日)。18歳の息子もツインリンクもてぎでのレース出場後に無免許運転容疑で逮捕。
(30)民間調査会社による都道府県の魅力度ランキングで、本県がワースト2位に。前年は過去最高の35位だったが、一転して過去最低の46位となった。(20日)
(31)プロ野球ドラフト会議で今夏の甲子園優勝投手、作新学院高の今井達也投手を西武が1位指名。阪神1位の大山悠輔内野手など本県関係5選手が1、2位に指名された。(21日)
(32)宇都宮城址公園付近で連続爆発。元自衛官の男が爆発物で自殺し、3人が重軽傷を負った(24日)。直前に男の自宅も全焼。県警は特別捜査班を設置し、殺人未遂容疑などで捜査。
(33)塩谷町出身の作曲家船村徹さんに文化勲章が贈られることが決まった。作曲家としては山田耕筰以来、2人目(29日)。11月3日に皇居で親授式が行われた。
(34)県議会政務活動費を巡り、宇都宮地検が板橋一好県議を不起訴処分としたのを宇都宮検察審査会が「不当」と議決。「詐欺罪成立は明白」と指摘。(29日)
【11月】
(35)ユネスコ補助機関が那須烏山市の「烏山の山あげ行事」と鹿沼市の「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」を含む「山・鉾・屋台行事」(18府県33件)の無形文化遺産登録を勧告。(1日)
(36)下野市の自治医大付属病院のロータリーで84歳男性の乗用車が暴走し、女性3人が死傷。男性は「誤ってアクセルを踏んでしまった」と供述した。(11日)
(37)任期満了に伴う知事選は、現職の福田富一氏が42万票超を獲得、4選を果たした。投票率は前回を0・37ポイント下回る33・27%で、過去3番目の低さ。(21日)
(38)任期満了に伴う宇都宮市長選で、市などが進めるLRT事業の「推進か」「中止か」を争点に激戦が展開され、現職佐藤栄一氏が約6千票差で4選。(21日)
(39)世界遺産の日光山輪王寺が開山1250年。開祖の勝道上人をたたえる「慶讃法要」が50年ぶりに行われた(22日)。今年は多くの記念行事も展開。
(40)サッカーJ3栃木SCはリーグ戦17勝8分け5敗の勝ち点59で2位。一時首位に立ったが大分に逆転された。J2昇格を懸けた金沢との入れ替え戦初戦に敗れ、第2戦に臨む。(28日)

Pick UP


栃木県災害情報
地域安全情報 防災情報

おすすめPick Up

一覧を見る