西武からドラフト1位指名を受け、野球部員から祝福される今井達也投手=10月20日午後6時、作新学院高

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が10月20日、東京都内で開かれ、今夏の甲子園制覇の原動力となった作新学院高の今井達也(いまいたつや)投手(18)が西武から1位指名を受けるなど、本県関係5人が上位指名された。

 西武は2位に白鴎大の中塚駿太(なかつかしゅんた)投手(22)=茨城・つくば秀英高=を指名。ことしの関甲新学生野球春季リーグ戦で8本塁打を放ちリーグ新記録を樹立した同大の大山悠輔(おおやまゆうすけ)内野手(22)=同=は阪神から1位指名された。

 日本ハム2位の早稲田大・石井一成(いしいかずなり)内野手(22)=作新学院高出=、ヤクルト2位の明治大・星知弥(ほしともや)投手(22)=宇都宮工高出=はいずれも那珂川町出身。会議当日、町は防災無線で2人のドラフト指名を周知するなど、これまでにない盛り上がりを見せた。

 最速152キロの快速球を武器に甲子園でスターダムにのし上がった今井投手。作新の先輩・江川卓(えがわすぐる)氏以来、本県高校生として43年ぶりに1位指名を受けた右腕は「球界ナンバー1投手を目指す」と闘志を燃やしている。