【こんな店】オーナー兼シェフの石田雅之さん(60)が1995年にオープンさせた。パラッツォとは、イタリア語で「宮殿」という意味。新しいものは飽きられやすいので、中世をイメージした建物を造りたかったという。内部には、等身大の西洋の騎士の金属製鎧が展示されている。

 ■推薦者 石井則子さん 58歳 鹿沼市 美容業

 【ここがお薦め】ランチはパスタをメーンに、オムライス、ピラフ、女性に人気のフランスパンなどが選べます。平日以外も提供されており、値段は1080~1780円。

 うま味を出すため、氷温熟成させた鹿沼産のそば粉を練り込んだ「手打ち生そばパスタ」は人気が高く、一日限定10食ですが今春からランチに加わりました。訪れる人には高齢者も多く、そばの風味がするので勧めやすいです。

 またオリジナルフランスパンの中にグラタンが入っているパングラタン(1980円)は、直径23センチで3~4人分あり、好評です。オーナーはユーモアがあり優しい人柄で、娘とよく来るなじみのレストランです。

 ▽所在地 鹿沼市東町3の6の18 電話0289・65・5827▽営業時間 午前11時30分~午後3時、午後5時30分~同10時▽不定休