国体キャラバンソングは、栃木県の代表民謡として有名な日光和楽を冬季国体のために現代風にアレンジしタイトルは「日光・WARAKU」といいます。全体的に、多くの人に親しみやすいリズミカルな曲調になっています。

 ダンスは、「とちまる WARAKU」といい日光WARAKUに合わせて構成しており和楽踊りをアレンジし全ての踊りに意味があります。その中でも日光の力強い自然の表現する踊りであったり、栃木県のシンボルであるとちの木やとちの葉などをイメージした踊りに仕上がっています。

今後、PR活動で披露したりキャラバン隊のホームページにもUPしていく予定ですので是非ご覧になって覚えてください!