今夏、全国上映を予定している「ギョーザの街・宇都宮」を舞台とした映画「キスできる餃子(ぎょーざ)」の製作委員会が17日、インターネット上で資金を集めるクラウドファンディング(CF)を始めた。

 映画は、離婚して地元の宇都宮に帰ってきたシングルマザーが、廃業した実家のギョーザ店を再建すべく奮闘しながら恋に悩むラブコメディー。女優の足立梨花(あだちりか)さんや、東海地方を拠点に活動するエンターテインメント集団「BOYS AND MEN」の田村侑久(たむらゆきひさ)さんが出演する。

 秦建日子(はたたけひこ)監督が地方の文化や暮らしを発信する「地方創生ムービー2・0」として手掛ける2作目。昨年夏、市内各所で撮影した。

 製作委は昨年11月の宇都宮餃子祭りでPRブースを出展するなど、映画公開に向け地元から盛り上げようと活動。CFを通して市民らの応援を募り、共同で地域活性化につなげたい考えだ。

 集まった資金は宇都宮餃子や宇都宮の魅力を発信する映画のPRなどに使われる。

 CFの受け付けは4月16日まで。1口3千円で製作委は100万円を目標にしている。

 申し込みは専用サイトから。支援すると出演者からのメッセージや映画鑑賞券などが贈られる。