【宇都宮】「ギョーザの街・宇都宮」を舞台にしたラブコメディー映画「キスできる餃子(ぎょーざ)」の製作を応援しようと、佐藤栄一(さとうえいいち)市長がこのほど、大谷町の大谷資料館などの撮影現場を訪問した。

 同映画は8月17日にクランクインし、市内のギョーザ店やゴルフ場など各所でロケを実施。出演者と現場に居合わせた地域住民らが交流するなどし、映画関係者が地域に溶け込みながら撮影を進めている。

 この日は午前8時すぎから撮影を開始。神秘的な雰囲気が漂う大谷石採掘場跡では、主演の足立梨花(あだちりか)さんや、相手役を務める「BOYS AND MEN」の田村侑久(たむらゆきひさ)さんが地下空間の肌寒さを吹き飛ばす熱演を繰り広げた。

 佐藤市長は「撮影は大変だと思うが、市もできる限りの協力をしていくので(一緒に)日本一の映画にしたい」と秦建日子(はたたけひこ)監督らを激励。記念撮影するなどして映画の成功を願った。