「ギョーザの街・宇都宮」を舞台としたラブコメディー映画「キスできる餃子(ぎょーざ)」が17日、クランクインし、主演の女優足立梨花(あだちりか)さんら計5人の出演者が宇都宮市内での撮影に臨んだ。

 映画は、足立さん演じるシングルマザーが宇都宮にある実家のギョーザ店再建に奮闘しながら、宇都宮で出会ったプロゴルファーとの恋に悩むストーリー。プロゴルファー役は、エンターテイメント集団「BOYS AND MEN」の田村侑久(たむらゆきひさ)さん。

 悪天候の影響で1日遅れとなった撮影初日は、同市内のギョーザ店などでロケを行った。現場では、カチンコの音が響くと緊迫した空気が流れ、足立さんらの演技は白熱。一方、休憩中には足立さんと共演者が談笑する姿も見られ、和やかなムードで撮影が進んだ。

 足立さんは「監督から助言を頂きながら、笑って頑張るお母さんの役に演技を寄せている。今後の撮影ではギョーザを通して、恋愛はもちろん、地元愛や親子愛などいろんな愛を知っていけると思うので楽しみ」と語った。

 撮影は今後、同市内のスーパーやゴルフ場などで行われる予定。