下野新聞SOON Simotsuke Original Online News

TOP > PRワイヤー > Huawei FusionCubeがガートナーのマジック・クアドラントでチャレンジャーの位置付け獲得

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
Huawei FusionCubeがガートナーのマジック・クアドラントでチャレンジャーの位置付け獲得

AsiaNet 72241 (0285)

【深セン(中国)2018年2月8日PR Newswire=共同通信JBN】世界で定評があるITアドバイザリー企業のガートナーはMagic Quadrant(注1)for Hyperconverged Infrastructure(ハイパーコンバージド・インフラストラクチャーのマジック・クアドラント)(注2)をリリースした。このリポートで、ファーウェイ(Huawei、華為技術)はチャレンジャー(Challenger)に選ばれた。ファーウェイは、Huawei FusionCubeハイパーコンバージド・インフラストラクチャーの評価が世界市場でのパフォーマンス、技術、競争力、総合的な使用事例によってもたらされたと考える。

ガートナーのMagic Quadrant for Hyperconverged Infrastructureは、ビジョンの完全性とそれを実行する能力の2つの側面からベンダーを評価する。ファーウェイは、Huawei FusionCubeが今回チャレンジャー・クアドラントに選ばれことはファーウェイのハイパーコンバージド製品が顧客とコンサルティング企業によって高く評価されたことを示していると考えている。

Huawei FusionCubeは、エンタープライズ級データセンター・ハイパーコンバージド・インフラストラクチャーである。これはエンタープライズ・プライベートクラウド、仮想化プラットフォーム、デスクトップ・クラウド、支店、データウエアハウスなどのシナリオに応用できる。FusionCubeはHuawei FusionSphere、VMware、vSphere、KVMなどの主要な仮想化プラットフォームをサポートするだけでなく、SAP HANA、Oracle、IBM DB2、Sybaseなどの主要なデータベース・プラットフォームもサポートする。究極のパフォーマンス、簡略化された管理、優れたサービス継続性を提供するHuawei FusionCubeは、クラウド・インフラストラクチャー・トランスフォーメーションをリードすることになる。

ファーウェイのIT製品ライン担当バイスプレジデントで、サーバー製品ライン担当プレジデントであるチウ・ロン氏は「ハイパーコンバージェンスの時代が到来した。ファーウェイはハイパーコンバージド・テクノロジー分野で先頭に立ち、ハイパーコンバージェンスとクラウド・プラットフォームのシームレスな一体化を促進するパイオニアを務めてきた。ファーウェイのハイプリッドクラウド製品は、顧客がTCOを押し下げる際に役立つ最適なソリューションになった。ファーウェイがチャレンジャー・クアドラントに仲間入りしたことは、われわれにとって新しい出発点になる。われわれは今後もパートナーと協力し、オープンイノベーションの強みを足場にして顧客のデジタル・トランスフォーメーションを推進していく」と語った。

現在、Huawei FusionCubeは、中国光大銀行、China Pacific Insurance Group、フランスのTF1、Infocast、Sinopec、COFCO Coca-Colaを含む金融、政府、メディア・情報、輸送、医療、教育など多数の業界で幅広く使用されている。ハイパーコンバージド市場のパイオニアであるHuawei FusionCubeは革新的技術を活用し、エンタープライズ向けのクラウド・トランスフォーメーションに新しい可能性をもたらしており、これによってファーウェイはデジタル・トランスフォーメーションの過程を進めるエンタープライズにとって最適なパートナーになっている。

Huawei FusionCubeのハイパーコンバージド・インフラストラクチャーに関する詳細はウェブサイトhttp://e.huawei.com/en/products/cloud-computing-dc/servers/fusioncube を参照。

(注1)ガートナーのマジック・クアドラント
マジック・クアドラントは特定の市場におけるリサーチの集大成であり、市場内で競合するベンダーの相対的な位置付けを広い視野から提示する。グラフィック処理と一貫性のある評価基準を用いることによって、マジック・クアドラントは、テクノロジープロバイダーが表示したビジョンをどのように実行し、ガートナーの市場観点に対してどのように機能しているかを素早く解明することに役立つ。

ガートナーのリサーチ手法:
http://www.gartner.com/technology/research/methodologies/research_mq.jsp

(注2)Gartner: Magic Quadrant for Hyperconverged Infrastructure, 6 February 2018, John McArthur et al

ガートナーはその調査出版物に記載されたいかなるベンダー、製品、サービスも支持することはなく、最高の評価を受けたベンダーのみを選択するよう技術ユーザーに助言することもない。ガートナーの調査出版物はガートナーの調査組織の意見で構成されており、事実の記述として解釈されるべきではない。ガートナーは商品性または特定目的のための適合性の保証を含め、明示的であれ暗示的であれ、この調査に関する全ての保証を拒否する。

ソース:Huawei


栃木県災害情報
地域安全情報 防災情報

おすすめPick Up

一覧を見る