【壬生】小菅一弥(こすげかずや)町長は17日、新庁舎の建設地を町総合運動場CDグラウンド(壬生甲)にすることを明らかにした。この日、町議会から、同地を適地とする意見書が提出されたことを受けて決定した。町が活用する国の補助制度「市町村役場機能緊急保全事業」が2021年3月までの完成を条件としていることから、来年秋ごろには着工を予定している。

 町議会庁舎建設特別委員会(鈴木理夫(すずきみちお)委員長)は、この日を含めて5回の会議を開き、候補地となっていた町有地6カ所について検討。同委員会から報告を受けた楡井聰(にれいさとし)議長は「防災などの観点からCDグラウンドが適地と判断した」と説明した。