野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は16日、福島県のほばら大泉野球場で福島と対戦、投手陣が計20安打を浴びて10-16で敗れた。2連敗で通算成績は7勝3分け10敗。順位は東地区最下位のまま。

 試合は点の奪い合い。栃木GBは5点を追う五回に1死満塁とし、6番ルーカスからの3連続適時打などで一挙6点を挙げて9-8と逆転した。しかし、投手陣が相手打線の勢いを止められず、その裏に2点を返されると、終盤七回には6失点を許して力尽きた。

 次戦は19日午後1時から、長野県の上田古戦場公園県営上田野球場で信濃と対戦する。