那須連山を背に高原を赤く染めるツツジ群=15日午後、那須町湯本、小型無人機から

 県内有数のツツジ群生地で知られる那須町湯本の八幡ツツジ群落で、満開となったツツジが新緑の高原を彩っている。

 那須連山を望める約23ヘクタールの広大な同所にヤマツツジやレンゲツツジなど約20万本が自生。木道や展望台が設置されており、薄ピンクやオレンジ色の花々を間近に見ることができる。

 初夏を思わせる陽気となった15日は、県内外から家族連れなどがひっきりなしに訪れていた。妻と訪れた東京都世田谷区、自営業萩原繁男(はぎわらしげお)さん(98)は「新緑に花がよく映える。カッコウやウグイスも鳴いていて風情がありますね」と話していた。