栃木GB先発の比嘉=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は30日、小山運動公園野球場で富山と今季初対戦し、5-7で競り負けた。2連敗で通算成績は4勝2分け6敗。

 栃木GBは投手陣が踏ん張れなかった。1-1の四回、高野勇太(たかのゆうた)の中前打で1点を勝ち越したが、先発・比嘉大智(ひがだいち)が五回に相手外国人に逆転の満塁本塁打を浴びた。

 七回に内山太嗣(うちやまたいし)のスクイズで同点に追い付く粘りを見せた。しかし、九回に登板した抑えの橋詰循(はしづめじゅん)が右越えソロ本塁打を許し、勝ち越された。攻撃面では六回まで毎回の11残塁と打線がつながらず、序盤の好機を生かせなかった。

 次戦は5月3日午後1時から、福島県西会津町のさゆり公園野球場で福島と対戦する。