野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は29日、埼玉県北本市の北本総合公園野球場で武蔵と対戦、7-8で逆転サヨナラ負けした。通算成績は4勝2分け5敗で、順位は東地区4位に後退した。

 栃木GBは2点を追う八回、先頭の代打・橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)の中前打をきっかけに打線が爆発。3四球に村田修一(むらたしゅういち)の中前打、ジョンの左前打など6安打を絡めて一挙7点を奪い逆転した。

 しかし救援陣が乱調。八回に3番手の韓善泰(はんそんて)が2失点。3点リードで迎えた九回は抑えの橋詰循(はしづめじゅん)が3連打で1点差に迫られ、なおも無死二、三塁から連続暴投でサヨナラ負けした。

 次戦は30日午後1時から、小山運動公園野球場で富山と対戦する。