3回、栃木GBの飯原が中前打を放つ=小山運動公園野球場、伊藤慧撮影

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は8日、小山運動公園野球場で群馬と今季ホーム開幕戦を戦い、1-7で敗れた。通算成績は1分け1敗。

 栃木GBは初回、先発の金本享祐(かねもときょうすけ)が先頭に四球を与えると、相手3番に中越え本塁打を打たれ2点を先制された。二、五回にも安打や失策が絡みで1点ずつ追加点を許し、七回には2番手比嘉大智(ひがだいち)が相手主砲に2戦連発となる2点本塁打を浴びた。 

 前日12安打を放った打線は相手先発の長身右腕を打ちあぐね、八回まで散発4安打。九回に飯原誉士(いいはらやすし)とジョンの2本の二塁打で1点を返したが、反撃もそこまで。4番村田修一(むらたしゅういち)は3打数無安打1四球だった。

 次戦は11日午後6時から、同球場で群馬と対戦する。