県とJR東日本、東武鉄道は14日、県庁で記者会見を開き、4~6月に開催するJRグループの大型観光企画「本物の出会い栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」の概要を発表した。全国への情報発信や栃木の魅力が詰まった276企画で観光客を呼び込む。福田富一(ふくだとみかず)知事は「観光客の皆さまを栃木の魅力でひきつけ、しっかりとおもてなしをすることで、また選ばれる『観光立県とちぎ』の確立を目指す」と言葉に力を込めた。