ロールケーキ作りに取り組むKidsパティシエ参加者

 【真岡】生産量日本一の市産イチゴをPRする「いちごフェスタin道の駅にのみや」が11日、久下田の同道の駅を中心に開かれた。スイーツ作りや朝採りイチゴの特価販売など多彩な催しが開かれ、約1万1千人が会場に訪れた。

 フェスタは市が2019年度開催を予定する「全国いちごサミット」の機運を高める狙いがある。

 目玉企画の「いちごKidsパティシエ」には小学生ら約50人が参加し、親子で協力しながらイチゴ10個を使用したロールケーキ作りに挑戦。長沼小1年大森千瑚(おおもりちこ)さん(6)は「帰ったら家族みんなで食べる」と笑顔を見せた。