23日午後8時半ごろ、大田原市花園の市道にある橋の上で同市、バス運転手男性(68)の軽トラックがセンターラインをはみ出し、対向車線を走っていた那須塩原市、バス運転手男性(61)の大型バスと衝突した。軽トラックの男性は頭などを強く打って間もなく死亡した。大型バスの男性も左肩を打つけがをした。

 大田原署によると、事故当時現場は路面が凍結していたという。大型バスは回送中で乗客はいなかった。同署で原因を調べている。