任期満了に伴い4月10日告示、15日投開票で行われる益子町長選で、町議の会社役員長岡景介(ながおかけいすけ)氏(52)=同町塙=は15日、下野新聞社の取材に対し、無所属で立候補する意向を明らかにした。現職の大塚朋之(おおつかともゆき)氏(52)が無所属での4選出馬を表明しており、前回と同じ顔ぶれの一騎打ちとなる公算が大きい。

 長岡氏は「大塚氏は観光立町を打ち出し人材や財源を投入しているが、(安全安心や高齢者福祉といった)生活環境改善が進んでいないとの声を多く聞く」と指摘。「現町政の施策を検証し、優先順位を付け実行する。町長選を通じ皆が町政を考え、その上で判断してもらいたい」と述べた。