えい児が遺棄されていたとされる現場=6日午後1時、茨城県坂東市逆井

 新生児の遺体を畑に埋めたとして、小山署と県警捜査1課は6日、死体遺棄の疑いで茨城県坂東市、無職の男(42)と、野木町、飲食店従業員の女(33)を逮捕した。捜査関係者によると、2人は「車の中で(子どもを)産んだ。産声を上げなかった」などと供述し、容疑を認めているという。県警は司法解剖をするなどして、新生児が死亡した経緯についても調べている。

 逮捕容疑は、共謀し昨年8月中旬ごろ、男の敷地内にある畑に、性別不明の新生児の遺体を埋めた疑い。

 県警によると、男は今月5日未明、「子どもを殺してしまった。良心の呵責(かしゃく)に耐えられなかった」などと小山署に自首した。県警が同日、供述に基づいて畑を掘り起こし、白骨化した遺体を発見した。

 事件当時、2人は交際中で、自宅とは別の場所で同居していた。遺体は2人の子どもとみられる。女は事件の直前、医療機関を受診しており、その際は妊娠約30週を迎えていたという。