「ススメ!栃木部」3巻

 日光市在住の漫画家で日光観光大使も務める一葵(いつき)さやかさんが描く「ススメ!栃木部」3巻と、初めて単行本化された「まろに☆え~る」(ともにKADOKAWA)が15日、発売された。

 「ススメ!栃木部」は地元を愛してやまない日光ゆば屋の娘と宇都宮ギョーザ屋の娘が「栃木部」を発足させ、東京からの転校生も巻き込みながら展開する物語。

 KADOKAWAが開設するインターネットの無料漫画サイト「コミッククリア」で連載している。

 最新刊は実家が佐野ラーメン屋でアイドルグループに所属する佐野香織(さのかおり)とともに、本県のPRに奮闘するエピソードなどを収録している。

 「まろに☆え~る」は、とちぎテレビのアイドルキャラクターの少女3人が登場するコメディーで「栃木部」と同様、スカイベリーやギョーザ、かんぴょうといった本県のご当地ねたがこれでもかと登場する。

 とちぎテレビのアニメ専用サイトに掲載された内容に加筆して、単行本化された。アニメ化も決定している。

 「ススメ!栃木部」は702円、「まろに☆え~る」は615円。