宇都宮市内の路上で女性の体を触ったとして強制わいせつ罪に問われた日光市藤原、鹿沼市北中教諭速水恭平(はやみきょうへい)被告(36)の判決公判が18日、宇都宮地裁(柴田誠(しばたまこと)裁判官)で開かれた。柴田裁判官は「合理的な疑いを超えた証明がなされたとはいえない」として無罪(求刑懲役1年6月)を言い渡した。被告は初公判から無罪を主張していた。

 判決によると、被告は昨年12月14日夜、宇都宮市内のバーで会社員女性=当時(25)=と知り合い翌15日未明に再会。その後、女性が同市本町でタクシーに乗ろうとした際、わいせつ行為をしたかが争われた。

 検察側は、被告が女性の腕をつかみ路地裏に引き連れてわいせつ行為に及んだとして起訴。その際、女性の右頬や額に切り傷ができたと主張した。

 一方、弁護側は近くで見ていたタクシー運転手が、腕を引っ張る様子は見ていないなどと無罪を主張。女性の顔の傷は「被害者の証人尋問段階で唐突に出された証拠」と反論していた。