今市事件で殺人罪に問われ、一審で無期懲役の判決を受けた勝又被告の控訴審初公判=18日午後1時15分、東京高裁(代表撮影)

 2005年12月、日光市(旧今市市)大沢小1年だった吉田有希(よしだゆき)ちゃん=当時(7)=が殺害された今市事件の控訴審初公判が18日、東京高裁(藤井敏明(ふじいとしあき)裁判長)で開かれた。弁護団は被告が捜査段階で語った「自白」の矛盾や、DNA型鑑定の疑問を挙げ、改めて無罪を主張。検察側は弁護団が提出した専門家による鑑定書などを次々と批判し、控訴棄却を求めた。

 殺人罪に問われているのは鹿沼市西沢町、無職勝又拓哉(かつまたたくや)被告(35)。一審宇都宮地裁で無期懲役判決を受け、控訴している。

 弁護団は遺体発見現場の検証などを通じて、遺体や現場の状況と自白との矛盾点を列挙。遺体と付着していた粘着テープから、わいせつ行為をしたとされる被告のDNA型が検出されず、複数の捜査関係者の型が出た点を強調し「明らかに矛盾する事象」と訴えた。

 検察側は弁護団が提出した法医学者の鑑定に対し、「随所に不合理または前提を誤認した立論があり、信用できない」と反論。独自の現場検証についても事件発生11年後に実施され、条件が異なると批判した。