アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは7日、韓国・仁川でデミョンと対戦、ゲームウイニングショット(GWS)戦の末、5-4で勝ち、連勝を3に伸ばした。通算成績は4勝5敗、勝ち点12。

 バックスは第1ピリオド13分に先制したが、第2ピリオドに3連続失点した。しかし同18分にFW古橋真来(ふるはしまくる)が2点目を入れると、第3ピリオドはDF河合龍一(かわいりゅういち)、FW斎藤毅(さいとうたけし)の連続ゴールで逆転。GWS戦は4人目のFW寺尾裕道(てらおひろみち)が決勝ゴールを決めた。