バレーボール成年女子1回戦、栃木-滋賀第4セット、栃木の石川葵が相手のミスを誘い得点を決める=伊方スポーツセンター

 第72回国民体育大会「2017愛顔つなぐえひめ国体」第7日は6日、松山市の愛媛県総合運動公園陸上競技場ほかで13競技を行い、県勢はゴルフ成年男子団体で6位に入賞した。

 バレーボール成年女子の単独チームの宇大が1回戦で佐賀(久光製薬)と対戦し、1-3で敗戦。選抜チームで臨んだ少年男子も0-2で岐阜に敗れた。バドミントン成年女子も0-2で宮城に、少年男子は0-2で青森に敗れ、ともに1回戦で姿を消した。馬術少年の鶴見汐花(つるみしおか)(佐日中教校)は標準障害飛越で10位だった。

 ボクシングは成年・少年男子の計7階級で2回戦を行い、作新高勢の3人らが準々決勝に進出。陸上少年男子共通800メートル予選3組に出場した根本大輝(ねもとだいき)(佐野日大高)が1分52秒60、全体の4位で決勝に進んだ。少年男子A100メートルの落合廉(おちあいれん)(作新高)、少年女子A100メートルの小野真由(おのまゆ)(国学栃木高)はいずれも準決勝で敗退した。