足利市の和泉聡市長は21日の定例記者会見で、公共施設の基本情報や管理費用などのデータをまとめた「施設カルテ」を作成したと発表した。施設の費用対効果や性能を分析し、「継続」を示すAから「要見直し」のEまで9段階で評価。分析結果は毎年度更新し、今後の公共施設再編に向けた参考データとする。