舞台あいさつする福田監督(右)とムロツヨシさん(中央)

 【小山】現在公開中の人気ギャグコミックの実写映画「銀魂(ぎんたま)」の大ヒットを記念して、市出身で小山評定ふるさと大使を務める福田雄一(ふくだゆういち)監督(49)が20日、喜沢の小山シネマハーヴェストで舞台あいさつを行った。ファンなど約650人が集まり、撮影秘話などを披露して会場を盛り上げた。

 福田監督は小山第一小、小山中を卒業。人気バラエティー番組の構成のほか、「俺はまだ本気出してないだけ」など多くの映画やドラマの監督・脚本も務めている。

 福田監督と、「銀魂」に出演している俳優ムロツヨシさんが登壇。印象的なシーンや撮影中のエピソードを披露し会場を沸かせた。