野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は12日、埼玉県鴻巣市の上谷総合公園野球場で武蔵と対戦し、2-3で競り負けた。通算成績は8勝1分け13敗。

 栃木GBは初回、帷子(かたびら)翔太郎(しょうたろう)の右越え適時三塁打で先制。二回には橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)のソロ本塁打で追加点を奪った。だが、四回2死一、三塁から先発ホーキンが3点本塁打を浴びて逆転を許した。

 打線は計3安打。三回以降は六回を除き、いずれも三者凡退。六回2死から八木健史(やぎたけし)が右前打で出塁したが、後続が倒れた。

 次戦は13日午後1時から、県営球場で新潟と対戦する。