栃木GB-群馬 3回表、連続四球を許した栃木GBの投手・吉川(右)の元へ赤尾が駆け寄る=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は6日、小山運動公園野球場で東地区首位の群馬と対戦し、2-11で敗れた。3連敗で通算成績は8勝1分け11敗。

 栃木GBは初回、先発の吉場充希(よしばあつき)が群馬主砲のカラバイヨに2点本塁打を浴びるなどしていきなり3失点。その裏、1死一、三塁から八木健史(やぎたけし)、帷子翔太郎(かたびらしょうたろう)の連続適時打で2点を返したが、二回は吉場がバント処理時の悪送球などで追加点を献上。三回も2番手の吉川竜太郎(よしかわりゅうたろう)が2失点した。

 打線は相手を1本上回る12安打を放ったが二回2死三塁、四回2死二、三塁、五回2死満塁などの好機を生かせず15残塁。七回はリリーフ陣が打者9人の猛攻を浴びて突き放された。

 次戦は11日午後1時、同会場で福井と対戦する。