自転車ロードレースのJプロツアー第9戦「石川ロード」は16日、福島県石川町・浅川町周回コース(全長102・2キロ=パレード7キロ+13・6キロ×7周)で行われ、宇都宮ブリッツェンの雨沢毅明(あめざわたけあき)が2時間39分7秒でツアー初優勝を飾った。

 宇都宮ブリッツェンはエース増田成幸(ますだなりゆき)、岡篤志(おかあつし)などを欠く布陣。数的不利な状況の中、雨沢は6周目の上り坂で単独アタックを仕掛け、そのまま先頭集団を置き去りにしてゴールした。7位に鈴木譲(すずきゆずる)、9位に飯野智行(いいのともゆき)が入った。那須ブラーゼンは吉岡直哉(よしおかなおや)の8位が最高だった。

 ブリッツェンとブラーゼンは22日、長野県宮田村で開催されるJPT第10戦「みやだ高原ヒルクライム」に出場する。