自転車ロードレースの国内最高峰ツアー「Jプロツアー第9戦・石川ロード」は16日、福島県石川町・浅川町周回コース(全長102・2キロ)で行われ、下野市出身で宇都宮ブリッツェンの雨沢毅明(あめざわたけあき)(22)がツアー初優勝を飾った。ブリッツェン勢としても今季初優勝。

 レースには国内トップクラスの100選手が出場した。23歳以下日本代表の経験もある雨沢は、全7周回の6周目にアタック。先頭集団から単独で抜け出すと、そのまま2位に50秒近くの大差をつける2時間39分7秒でゴールした。