野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は2日、埼玉県営大宮公園野球場で武蔵と対戦し、7-4で逆転勝ち、連勝を4に伸ばした。後期通算成績を4勝1敗とし、群馬と並んで同率首位に立った。

 栃木GBは3点を追う五回、1死から敵失で出塁した斉藤雲太郎(さいとうくもたろう)が相手投手の暴投と捕手の悪送球に乗じて生還。さらに満塁から帷子翔太郎(かたびらしょうたろう)の適時打、板倉寛樹(いたくらひろき)の犠飛で同点に追い付き、高野勇太(たかのゆうた)の適時二塁打で逆転に成功した。

 1点差で迎えた九回は1死一塁から帷子の適時三塁打、板倉の犠飛で貴重な2点を追加。守っては好調なリリーフ陣が六回以降を無得点に抑えた。