栃木GB-福島戦 三回表栃木1死三塁、江畑が先制の中前適時打を放つ=郡山市営開成山野球場(提供写真)

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は1日、福島県の郡山市営開成山野球場で福島と対戦、5-1で快勝し、リーグ参入後初の3連勝。後期通算成績は3勝1敗、順位は2位で変わらないが、首位の群馬に1ゲーム差とした。

 栃木GBは三回、先頭の橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)の右前打を足場に1死三塁とし、江畑秀哉(えはたしゅうや)が中前適時打で先制。四回には無死一、三塁から大嶋達也(おおしまたつや)が左中間へ2点適時打を放って加点した。4-0の九回は1死から八木健史(やぎたけし)、帷子(かたびら)翔太郎(しょうたろう)の連打でダメ押し。後期戦最多13安打で終始試合を優位に進めた。

 投げては先発の中村恵吾(なかむらけいご)が7回を1四球無失点の快投。被安打7ながら要所を締めて相手打線を封じた。八回は前田大佳(まえだまさよし)が無失点リリーフ。九回は中崎雄太(なかざきゆうた)が2死三塁からボークで1点を献上し、惜しくも初の無失点試合を逃した。

 次戦は2日午後1時から、埼玉県営大宮公園野球場で武蔵と対戦する。